可愛いだけじゃない!ミニチュアシュナウザーの飼い方と魅力とは

可愛いだけじゃない!ミニチュアシュナウザーの飼い方と魅力とは

IMG_7673ひげの紳士のような風貌が特徴的なミニチュアシュナウザーは、朗らかで賢く人懐っこい性格から家庭犬として大変人気があります。抜け毛や匂いが少なく、無駄吠えも少ないため集合住宅で飼育するにもおすすめの犬種です。

また、美しい毛並みからショードッグとしても人気者で、世界中にも愛好家が多くアメリカでは3番めに人気の犬種だとか!そんなミニチュアシュナウザーはどんな犬種なのでしょうか?今回は、性格的特徴や身体的特徴、必要な運動量やお手入れ法についてみていきましょう。

ミニチュアシュナウザーの身体的特徴

IMG_7821ミニチュアシュナウザーは本来、ネズミをとるために改良された犬種です。そのため、すばしっこく頑丈で角ばった感じのスタイルが特徴的で、タフな体力の持ち主!走り回ることはもちろん、散歩やボール投げが好きな子も多く、遊び好きといわれています。大抵しっぽは生まれたときに断尾してしまうため短くなっていますが、耳も切って立った耳に仕上げるケースもあります。

体の大きさは、体のサイズは、平均体高30センチ~35センチ、体重は成犬でも平均4キロ~7キロ前後と小型犬と中型犬の中間サイズといえるでしょう。雄と雌との体格差もあまりありません。

ミニチュアシュナウザーの性格は?

人間でいうなら3歳位の知能を持つミニチュアシュナウザーの性格を一言で表すと「空気を読む犬」でしょう。飼い主に対して従順でよくなつき抱っこも嫌がりません。また、飼い主を守りたいという気持ちも強く、外敵が現れた場合に立ち向かっていくこともあります。とても賢く、トイレなどの覚えもいいため犬を飼うのが初めてといった方でもパートナーとしておすすめのです。

ただし、賢いがゆえ、キチンとしつけを行わないととんでもないいたずらっ子に成長し、手を焼くはめになるでしょう。

また、さみしがり屋な一面があり、長時間のお留守番はストレスになります。ミニチュアシュナウザーは多頭飼いが可能なため、なるべく1人でお留守番のない環境を整えてあげましょう。

ミニチュアシュナウザーに必要な運動量

もともと猟犬であり、筋肉質でタフな体を持ったミニチュアシュナウザーは運動が大好きです。小さな体ではありますが、朝晩30分ほどの散歩が必要で、運動をしないこともストレスの原因になります。あまり散歩の時間が取れないなら、部屋でボール投げや、週末はドッグランや長めの散歩に行くなど工夫してみるといいですね。

必要なお手入れ

dog_miniature_schnauzerミニチュアシュナウザーにはカットが必要です。手足の被毛を残し体は短く刈り上げるのが定番のカットですが、プードルのような仕上げや全体的にフワフワに仕上げるなど、多彩なバリエーションが楽しめます。夏は短く、冬は長めなど季節に合わせてスタイルを帰るのもいいですね。

また、定期的なブラッシングも必要で、特に毛が長い場合は毛玉にならないよう注意が必要です。さらに、ダブルコートなので毛の抜け替わる季節は抜け毛が増えるため特に念入りなブラッシングや、室内の清掃を心掛けましょう。

ミニチュアシュナウザーを飼うなら

ミニチュアシュナウザーを飼うならブリーダーから購入することをおすすめします。一般的なペットショップと違い、広大な敷地で親犬や兄弟たちとともに伸び伸びと成長するため、協調性や社会性に優れており、問題行動を起こしにくい特徴があります。同様に、親犬のケアもしっかり行っているため遺伝疾患などのトラブルも起こりにくく、そういった問題で動物病院のお世話になることも稀です。

また、仲介業者を通さないことで余分な経費をお客様に負担させることもありません。健康で協調性に富んだミニチュアシュナウザーを家族としてお考えの場合は、お気軽にご相談ください!