用語集

用語集

犬パルボ

犬パルボウイルス感染症は、食欲不振、発熱、激しい嘔吐や下痢、脱水などの症状が現れ、悪化するとショック状態になり急死することもある恐ろしい病気です。潜伏期間は、4~7日といわれ、この病気に感染した犬の嘔吐物や便などが感染源となります。散歩途中にさまざまなものを舐めたり、感染した犬に触れた人の手が他の犬に触れたりすることで感染しますので、予防のために、子犬のときから適切な回数、期間でワクチンを接種しましょう。

ジステンパー

犬ジステンパーウイルス感染症にかかると、鼻水、目やに、発熱(40度ほど)、食欲不振などの症状が出たあと、くしゃみ、咳を伴う呼吸器症状が現れます。下痢、嘔吐などの症状が見られることもあり、さらに細菌の二次感染などが起きると肺炎を発症。さらには、脳脊髄炎、脈絡網膜炎、網膜剥離にまで発展し、最終的に命取りとなる危険性があります。接触感染、飛沫感染により感染するため、ワクチンでしっかり免疫力をつける必要があります。

パラインフルエンザ(ケンネルコフ)

突然、発熱、咳などが現れ、重症化すると肺炎を発症して死に至る危険性がある病気ですが、ウイルス単独での感染であれば、7~10日程度で回復します。しかし、子犬、老犬、他のウイルスなどで混合感染した場合は、高熱、食欲不振、膿が混ざった鼻汁などの重い症状が現れ、最悪の場合肺炎などで死に至ることがあります。治療は抗生物質や気管支拡張剤などの投与が中心、合併症がなければ自然治癒可能ですが、事前にワクチンで予防しましょう。

犬伝染性肝炎

肝臓が炎症し、嘔吐、下痢、発熱(40度前後)などの症状が現れ、子犬、ワクチン未接種の犬が感染すると死亡率が高い病気です。軽度の場合は回復しますが、重度の場合は、肝性脳症、痙攣発作、下血、鼻血、脳炎などの症状が現れます。犬伝染性肝炎には治療薬がないため、治療には肝臓細胞の再生を促す点滴、輸血などの支持療法、二次感染防止のための抗生物質の投与が行われます。散歩時の拾い食いなどを防ぎ、ワクチンでしっかり予防しましょう。

犬コロナウィルス性腸炎

犬コロナウィルス性腸炎は、体力のない子犬などがかかると食欲不振、下痢、嘔吐などの症状が現れ、最悪死亡することもあります。かなりの悪臭を放つ便(下痢)をした場合は、この病気の可能性がありますので、病院で診てもらうようにしましょう。元気な成犬の場合は不顕性感染となり無症状で終わることもありますが、感染した犬との接触で感染するケース、人を介して感染するケースがあるため、予防接種で感染を防ぎます。

レプトスピラ症(細菌)人畜共通感染症

レプトスピラ症は、この病気に感染した動物との接触により感染することが多い病気ですが、多くの犬は不顕性感染となり明確な症状がないまま自然に治癒します。この場合、症状がなくとも尿から菌を排泄し、感染源となります。出血型の場合は、食欲不振、発熱(40度前後)、嘔吐、血尿、血便、吐血、鼻血、結膜充血などの症状が現れ、最終的に脱水症状や尿毒症などを発症、また黄疸型の場合はさらに症状が重く、死亡する確率が高くなります。

移行抗体

移行抗体とは母子免疫のことで、子犬が母犬の初乳から与えられる抗体のことをいいます。子犬が自分自身で抗体を作ることができるようになるまでに時間がかかるため、この移行抗体により病気を予防しますが、通常生後2~3週間から数か月で少しずつ消失します。長いケースで2ヶ月といわれていますので、危険なウイルスの感染を防ぐために、移行抗体が減少し始める時期から定期的にしっかりとワクチンを接種する必要があります。

抗体価

抗体価とは、あるウイルスに反応する抗体が、どの程度存在しているかを示す数値のことで、抗体価が高いほど、抗体を多く持っていることになります。また、各ウイルスに対する抗体価を判断するために、抗体価検査というものがあり、前回のワクチンの抗体がどの程度残っているのかを知ることが可能。この検査で抗体価が高く出たものに対しては、ワクチンを接種する必要はないと判断でき、犬の身体や費用などの負担を軽減することができます。

膝蓋骨脱臼(パテラ)

膝蓋骨脱臼は、後ろ足の膝関節の皿の部分(膝蓋骨)が脱臼した状態になることで、初期のグレード1では無症状で、自然に元に戻ることが多くあります。グレード2になると、少し足を浮かせるようになりますが、生活するのに問題はありません。しかし、放っておくとグレード3に進行し、骨が変形し脱臼が進むため、整復しても元に戻らないことが多くなります。さらにグレード4では、整復は不可能となり、常時ひざが曲がった状態となります。

股関節形成不全

股関節形成不全は、遺伝により股関節が正常に形成されなかったり、激しい運動や肥満により変形したりすることが原因で起こります。大型犬によく見られるもので、足を引きずる、散歩のときに座ることが多くなる、運動を嫌がる、腰を振るように歩くなどの症状が見られるようになったときは要注意。投薬により痛みの緩和や食事によるダイエットなどの内科的治療で改善をめざしますが、症状が重い場合は外科手術を行うこともあります。

臍ヘルニア(デベソ)

臍ヘルニアは、いわゆる“でべそ”のことで、穴の近くにある腹腔内の脂肪が、皮下に出てしまっているものが多く、さまざまな大きさがあります。ほとんどが治療をしなくても問題ないのですが、大きくなると、その中に腸の一部が入り込み腸閉塞や血行阻害などが起き、手術が必要となることがあります。また、便秘や痛み、変色などの症状がある場合は、腸内に何らかの障害が起こっている可能性があるので、医者に診せるようにしましょう。

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアとは、足の付け根の皮膚の下に、内臓(腸、膀胱など)が飛び出し膨らんでくる状態のことをいいます。日頃から犬の体をよく見ていると、すぐに気づくことができます。生まれつきのものが多く、膨らみが大きくなければ問題はありませんが、中には小腸、ときに子宮などの内臓が入り込み、腸閉塞などが起こることもあります。痛がる場合はすぐに、症状がなくても念の為、健康診断のときなどに獣医に診てもらいましょう。

ペコ

ペコとは、頭部の骨と骨との間に隙間が生じ、穴が空いた部分のことで、専門用語ではモレラ、泉門開口などといいます。1歳までのチワワのほとんどに見られ、中には大人になっても骨が接合しないチワワも存在します。大人になっても塞がらない場合は、まれに水頭症を発症することがあります。このペコの部分が衝撃を受けると、脳が損傷を受けて命に関わることもあるため、注意が必要です。しつけなどで頭を叩くことはやめましょう。

オーバーショット

オーバーショットとは、上顎のほうが下顎より長い場合のことをいい、ズレが生じることで不正咬合(犬の歯の噛み合わせが悪い状態)が起きやすくなります。多少のズレであれば、日常生活に支障はありませんが、6ミリ以上の隙間が空いていると、歯肉に犬歯が刺さってしまったり、ご飯を上手に食べることができなくなったりするなど、不都合が生じます。原因はほとんどが遺伝により起こり、通常、販売価格が低くなる傾向にあります。



アンダーショット

アンダーショットは、オーバーショットの逆の状態のことで、下顎のほうが上顎より長い、いわゆる受け口、反対咬合のことをいいます。遺伝で起こることが多いといわれていますが、授乳時に下顎だけが発達することで起きるケースも見られます。成長期で自然に治ることもあり、アンダーショットの場合は日常生活に支障はありませんが、歯周病のリスクが高まることがあるため、歯磨きなどのケアを十分に行う必要があるでしょう。

斜視

斜視とは、両眼が物を見ている方向に向かわないものをいい、たとえば、片眼は正面を向いているのに、もう片眼が外側や内側などを向いている状態のことをいいます。犬の場合、瞼の内側に白い膜(瞬膜)がありますが、特に小型犬の場合、この瞬膜が広く出ていることがあります。そのため、見方によっては斜視に見えることがありますが、基本的にはそのほとんどが正常です。本当に焦点があっていない斜視の場合は、健康上何らかの問題を抱えていることもあります。

肺動脈弁狭窄症(PS)

肺動脈弁狭窄症は、肺動脈の入り口にある弁が、生まれつき狭くなっている病気のことです。肺動脈というのは、心臓にある右心室から肺に血液を送る役割を果たすので、この部分が狭くなっていると、興奮時や運動時に倒れてしまったり、呼吸困難を起こしたりすることがあります。軽度の場合は、あまり運動をしたがらない、という程度の症状で済みますが、重度になると心不全を起こす危険性があり、外科手術が必要になることもあります。

動脈官開存症(PDA)

動脈官開存症とは、生まれた後、通常であれば閉じるはずのボタロー管と呼ばれる動脈管が、閉じずにそのまま残った状態のことをいいます。ボタロー管は、肺動脈と胸部大動脈をつないでおり、これが閉じないと、大動脈から肺動脈に血液が逆流する、という現象が起きます。先天的な異常により起こりますが、重症の場合は死亡することもあるため、運動したがらない、呼吸困難、咳などの症状が見られたら、早めに医師に相談しましょう。

ジアルジア

ジアルジアという寄生性原虫感染により起こるのがジアルジア感染症で、人にも移ります。経口感染するため、散歩中に草、土、水たまりの水などに触れると感染する可能性があり、悪臭のする薄い色の軟便(水様性便のことも)が大量に出ます。治ったと思ってもまた再発を繰り返すのが特徴で、小腸から栄養を十分に吸収することができず、体重の減少、発育不足などが起こります。また、管理が不十分なペットショップの場合、感染が広がる危険性があります。

トリコモナス

トリコモナスというのは、脊椎動物全般に寄生する原虫のことで、犬の場合は大腸に寄生し、人にも移ります。トリコモナス症になると、ひどい下痢、粘液便、血便、脱水症状などが起こり、直腸脱や肛門が腫れることもあるので、下痢症状が見られ元気がない場合は、医師に相談しましょう。駆虫薬を2~3週間飲ませれば完治しますが、子犬のときに発生しやすく、便が感染源となり経口感染するので、衛生的な環境で育った子犬のほうが安全です。

糞線虫

糞線虫は、小腸に寄生する2mm程度の寄生虫のことで、感染するとひどい下痢を起こします。特に、多くの糞線虫が子犬に感染すると、急性出血性腸炎になり、命に関わることがあります。この糞線虫は、口だけでなく皮膚からも感染するので、血管から肺に入り込むと、呼吸器に咳などの異常が見られるようになります。また、糞線虫症は人にも感染するので、駆虫薬によりきちんと治療をし、その後も定期的な検査をする必要があります。

コクシジウム

コクシジウムは寄生虫の一種で、経口感染します。感染するとひどい下痢を起こし、脱水症状などを引き起こします。水様性の下痢、粘液性の下痢、血が混ざった下痢などをするようになり、食欲不振や嘔吐を伴うこともあります。さらに悪化したり慢性化したりすると、体重の減少も見られます。人には感染しませんが、治ってもしばらくは便に病原体が排出されるため、多犬飼いの場合は、便をすぐに片付けるなどの注意が必要です。

回虫

回虫とは寄生虫一種で、犬に感染するのは、そのほとんどがイヌ回虫と呼ばれるものです。小腸で孵化し、小腸の壁を破って血管を移動し、肺で幼虫(第三形態)になります。その後、再度腸に戻り、オス10cm、メス18cmの成虫になります。回虫症は、下痢、嘔吐、食欲不振、体重減少などの症状が起こり、肺炎になると2~3日の間に死亡することもある危険な感染症です。なお、回虫は、6ヶ月未満の子犬でしか成虫になることはありません。

ミミヒゼンダニ

ミミヒゼンダニは、通称耳ダニと呼ばれるもので、犬の耳に寄生して繁殖します。ひどいかゆみを引き起こし、黒い耳垢が溜まるので、愛犬が頭を振ったり耳を激しく掻いたりしている場合は、注意しましょう。放っておくと、耳の中で繁殖を繰り返し、耳の周りから首の部分などに幅広く感染が広がることもありますので、早めに殺ダニ剤を投与し治療を進める必要があります。

お問合せはこちら