ボストンテリアの価格相場から飼育面について

ボストンテリアの価格相場から飼育面について

IMG_7869人懐っこく賢い性質や、ぺちゃっとした鼻がたまらなく愛しい見た目から注目度の高いボストンテリア。
お手入れが楽な体質で、初めて犬を迎える初心者の方にもおすすめの犬種です。
アメリカのボストンで誕生し、「小さなアメリカ紳士」「タキシードの紳士」と呼ばれアメリカでも家庭犬として人気者なんですよ。
気になっている方も多いボストンテリアについて、ここでは価格相場や飼育面などについて詳しくお伝えしてまいります。

ボストンテリアの価格・相場はどれくらい?

mark_yen_okaikeiブリーダーや、ペットショップ、サイズや血統の違いもありますが、近年人気があがっており、概ね30万円から40万円といった価格が相場といわれています。
チャンピオン犬の子供である、柄が綺麗に出ているなど高価になる要因もあり、中には50万円台の子犬も見受けられます。
子犬を購入する場所は、ペットショップやブリーダーからが一般的ですが、高ければいい犬という概念でみると失敗する確率が高くなるでしょう。
可愛さや価格だけに捕らわれず、健康そうな子犬を選ぶことや、できれば親犬の状態を聞くなど長く付き合うパートナーとしてある程度相手を知っておくことも大切です。

ボストンテリアの飼育面で気を付けたい事

mark_chuuiボストンテリアの寿命はおよそ13~15歳といわれていますが、いつまでも元気で長生きして欲しいですね。
飼育面での注意を守ることでその可能性を高めることができます。
人間でも健康管理が健康状態や寿命を左右するように、犬も適切な環境下で暮らすことが望まれます。
簡単なものでは、毎日の様子を観察して異変があったら気がつけるようにしておくことも大切な健康管理です。
また、ボストンテリアは活発な犬種のため、毎日の運動が欠かせません。朝夕30分ずつの散歩は必須といえます。
もし、雨が降っているなら室内でボール遊びなどでもいいのでストレスを溜めないよう心がけてあげましょう。
食べ物も健康面で気をつけるべき大きなポイントですね。
栄養面を考えてハンドメイドで対応している方もいらっしゃいますが、ドッグフードでも構いません。
適量を決まった時間に与えるようにし、人間の食べ物は食べないようにしつけましょう。
人間には美味しいチョコも犬にとっては毒物になるように、良かれと思ってやったことで大切な家族にダメージを与えることもあることを覚えておきましょう。

ボストンテリアの飼育費用はどのくらいかかるの?

pet_doubutsu_byouin犬によって飼育状態や健康状態に違いがあり一概にはいえませんが、一般的な例をみていきましょう。
まずは普段の暮らしの中では、ご飯代やペットシーツ代が必要になり、月に2,000円から4,000円ほどでしょう。
フィラリア薬・ダニ退治の薬は、5月から11月の間で毎月必要になり月に2,000円ほどかかります。
狂犬病の注射が毎年一回3,000円、ワクチン注射も年一回飼い犬なら義務として受ける必要がありますが健康状態を検査してから注射を受ける病院が多く検査代に8,000円ほど、注射にも8,000円前後が必要になります。
ここまでが健康な犬でも必ず必要な飼育費用です。
これに加え怪我や病気などで病院にかかる費用、ペット用保険に入るなら保険代、避妊や去勢手術の費用など犬と暮らすにはたくさんの費用が必要になります。
健康な子でも年間万単位の金額が必要になり、病院にかかれば自由診療であり簡単に万単位の出費になります。
ボストンテリアを飼う際には、これらの出費についても考える必要がありますね。
ここで、出費を抑えるコツは健康な子犬を選ぶことです。
もちろん、健康な子であっても病院のお世話になることはありますが、頻度は比べものになりません。
子犬の健康状態は親犬の状態をみるとよく分かるでしょう。
広々とした場所で健康的に飼育しているブリーダーの犬舎では、親犬や兄弟たちとともに伸び伸びと暮らしている情緒も安定した健康な子犬を選ぶことができ、アフターケアも万全です。
ペットショップの子犬も可愛らしいですが、どのような背景で育ったのかを知ることはできず、悪質な出品者がいることも否定できません。
家族に迎えるなら、健康で長生きできるボストンテリアを迎えたい!とお考えでしたら、ぜひ私どもにご相談ください!
まずは、私共の取り組みについて知っていただけたらと存じます。