友好的で甘えん坊!ボストンテリアの性格

友好的で甘えん坊!ボストンテリアの性格

IMG_8840_1犬を飼いたい!という方は多いですが、具体的にどんな犬種と決めている方はそう多くはありません。
犬は犬種によってお手入れの方法や飼いやすさがまるで違います。
見た目は可愛いけど気性が荒く、主人にしか懐かないという性質の犬種もあり、長い時間を過ごすパートナーを選ぶには犬種ごとの性質にも注目する必要があります。
家族の一員として迎えるなら甘え上手で遊び上手なワンちゃんが理想的!と考える場合は、おすすめは小さな紳士と呼ばれるボストンテリアです。
飼い主以外にも友好的なため、散歩先でトラブルになるような危険も少なく、お手入れも比較的ラクなので初めて犬を飼う場合にもおすすめの犬種です。
ここでは、ボストンテリアの性格や特徴、ルーツについてお伝えしていきます。
ボストンテリアに限らずとも犬を飼いたいと思っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ボストンテリアの歴史・ルーツ

lgi01a201501221000ボストンテリアのルーツはその名の通り、アメリカのボストンという街で1870年頃、富裕層たちが自分の犬を交配させたのが始まりでした。
イングリッシュ・テリアとブルドッグから生まれた「ホッパーズ・ジャッジ」という犬種を小さな犬種と掛け合わせることで、ボストンテリアが生まれました。
その過程にはよく似ているといわれるフレンチブルドッグもふくまれています。
ご先祖様になる犬種なら似ていても当然かもしれませんね。
その後犬種として安定し20年という速さで犬種として認められ、アメリカの人気家庭犬として不動の地位を得ています。

ボストンテリアの性格・特長は?

女性と犬 イラストボストンテリアの性格は、甘えん坊で友好的!家庭犬としての素質はパーフェクトです。
学習能力も高く、すぐに家庭のルールも覚えてしまいます。
そのため。最初の段階でしっかりとルールを決め、犬が混乱しないよう家族全員が同じ態度で接することが大切です。
無駄吠えも少ないのでマンションなど集合住宅で飼うにも適した犬種といえます。
ボール遊びや散歩も大好きなので、子供がいるご家庭でも良き遊び相手として過ごすことができるでしょう。
その反面、繊細な部分もあるためストレスを溜めない、お留守番させ過ぎないといったことに気を配る必要もあります。
また、元は闘犬のため頑固な性格でもあり、しつけをしっかりすることが必要な犬種です。

ボストンテリアとフレンチブルドックの違い

gatag-00007860ボストンテリアの姿はフレンチブルドックと似ているとよく言われ、比較されることが多々ありますが、性格が異なります。
ざっくりいうと、フレンチブルドッグはパリで生まれた犬種で、分類では中型犬に属し8~13kg前後が標準的な大きさになり、ベビー級のボストンテリアと同じようなサイズです。
性格は明るく大らかで愛情深くマイペース、お年寄りなど穏やか時間を過ごしたい場合に向いています。
ボストンテリアは甘えん坊でやんちゃ、活発なので年齢層の若い家庭に向いているといえるでしょう。

血統書付きのボストンテリアを飼うなら

pet_kega_kossetsuどの犬種でも当てはまることですが、犬を飼うなら健康で性格の安定した子犬のほうが後の苦労が少なくてすみます。
そのためには、のびのびとした場所で健康な親犬や兄弟たちと育った子犬を選ぶ必要があります。
残念ながら皆さんの近所にあるペットショップでは、それは叶わないかもしれません。
確実な手段としておすすめなのは優良なブリーダーが営む犬舎から購入する方法です。
グランドスウェル犬舎では、親犬の代から広い犬舎でゆったりと暮らし、健康面もしっかりチェックされています。
生まれてから兄弟たちと遊ぶことでしっかりと社会性を身につけており、問題行動を起こすこともほとんどありません。
まずは、気軽にお問い合わせください! ボストンテリアのエキスパートが、全力でサポートいたします。